愛知県豊川市造園 一景

泥団子塀のある庭

施工事例

HOME > 施工事例 > 泥団子塀のある庭

泥団子塀のある庭

愛知県豊橋市 K様邸

愛知県豊橋市K様邸この庭ができるまで

駐車場を造ってほしいというご依頼から始まりました。コンクリートの駐車場では、タイヤの跡も残るし、味気ないので、別の素材で造るという事で、オーナーと意見が一致しました。
駐車場の工事に入り、違和感を感じたのが、土留めに5m程積んであった低いブロック積みとその上にある枯れがれの生垣。

オーナーに違和感があると伝えたところ、ブロック積みと生垣を撤去することになりました。

撤去したのはいいのですが、何か変わりの仕切りが必要になってきます。
そこで私は土塀の提案をし、造ることになりました。以前より、昔の泥壁の小屋、蔵、石垣、板塀は何十年、何百年経過していても美しく人を引き付ける魅力があり、さらに朽ちていく様も美しいと感じていました。時間の経過ともに味が出るようなものを造りたいと考えていました。

そこで、オーナーと相談し、土塀を造る機会を頂きました。
雨降りで現場が出来ない日に、急に思い立って、そうだ、『なら(奈良)ならLinkIcon』という事で奈良に走り土塀の寸法や土蔵などを見ながら考えました。

風化して剝がれた時に泥団子が出たら面白いのではないだろうかと思い、一つずつ泥団子を積んでいくことにしました。

部屋の中からの目隠しとしては、もう少し高さが欲しいのですが、土塀としては、これ以上高くすると、圧迫感が出るので、軽い感じで少しでも高さを出す為に、考えた末、棟に草を植えました。

2010年3月に完成した泥団子塀は時間の経過と共に味わい深さを増してきています。

本物の素材の持つ力を強く知ることになった現場でした。

時々道路を走っていると、『うわっ』昔の職人はこんな事をやった人が居ったんだって振り返って見てしまう景色があります。現代に生きる職人として、『グ~~~LinkIcon』ってのを造って行きたいですね。

123
456
Dsc01371.jpg23.jpgDsc01334.jpg
Dsc01350.jpgDsc02497.jpgDsc02604.jpg
Dsc02609.jpgDsc02627.jpgDsc02696.jpg
Dsc02705.jpgDsc09519.jpg